フジテレビが送料無料でなくてもお買い得な価格~!テロソンスプレーが安い~!テクノロジィ

スプレーガン!エアブラシ用だと知らずに買ってしまいました…。:ジャンパーの刺繍を染める為に購入してみました。ご注意を。

こちらです!

2017年02月03日 ランキング上位商品↑

テクノロジィ テロソン スプレー フジテレビ染めQ そめQ 原液【100ml】■全28色■染めQテクノロジィ(旧テロソン)塗るのでは無く、染める?何でも染める驚異の新塗料!!コスプレにも・染色スプレー★フジテレビ系列人気番組【ほこ×たて】で対決!

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

発送は速くてお店の対応は良かったですよ。脱脂が甘かったらしく中々キレイに塗れませんが、4回ほど塗り重ねて終了。この染めQ!色によって比重がかなり違うらしく!混ぜてもすぐに幾つかの層に分離してしまいます。エアゾールより色が付くのが遅く!6回ほど重ね塗りしました。小口の一般消費者にはなかなか手が出ません。合成皮革の場合、ベースとの兼ね合いなのか厚塗りした箇所がプツプツと気泡状に凸凹します。使ってみました。いろいろなものに試してみたいと思います!ベースと一緒に購入しました。革巻きステアリングの色替えに挑戦しようと購入。見た目はしっかり染まっていい感じです。しかし、今回の刺繍はナイロン系だったのかわかりませんが、乾いてみると刺繍ががさがさと固くなってしまいました。本来はガンタイプのスプレー器具専用なのですが!筆で塗りました。でも!染めQはについては全くそんなことはありませんでした。個人的にはペタッと仕上がるよりは良いと結果オーライ。他の塗料だと、塗ったときは綺麗に仕上がるのですが、しばらくすると日焼けし過ぎた肌のように綺麗に剥がれてしまいました。耐久性は有るように思います。ただ!周囲ににじむ事は容易に想像出来ます。革製品に塗れるものはないかと探していたら!ここにありました!本来はエアガンで塗るようですが!刷毛塗りでも問題ありませんでした。赤の刺繍はえんじに!ライトゴールドの刺繍はガンメタに変化しました。茶色のほどよい色のスプレーがなかったので!黒と茶を買って!ミックスして色をつくりました。この商品初めて使ったのですが、なかなか難しい。小さな筆で少量の液を取り!素早く動かすことでムラにならず塗れました。商品ページには色見本がないので他店を参考にしました。素材に因って発色具合が違うことは理解できるつもりですが、サラサラな塗料なので薄め(軽め)に色が表れるのかも知れません。色は上手く混ざったのですが!定着力はこの先の使用で様子をみます。また愛着のある多少汚れてしまった物があれば購入したいと思います。こちらのお店の方が200円ほどお安かったです!。迅速な対応でオススメできます。皮製品のバックに大部分はスプレータイプ、ムラになった箇所と、細かい部分をこちらの商品を筆に付けて使用しました。染めQを自分好みの色に調合したい場合!「エアブラシ染めQ」か「原液」を買うわけですが!18mlしか容量のないエアブラシ染めQでは!あっという間になくなってしまい!かなり不経済。色合せのために黒を追加購入しようかと検討中です。塗るというよりやはり染める感じで、何度も重ねなくてはイメージの色に近づける事はむづかしい。色を混ぜるのに二色買いました。まだ届いたばかりで使用していませんが!中を開けてみるとかなりサラサラとしています。商品も迅速に対応していただきうれしかったです。欲しい商品が直ぐ見つかり助かりました。まあ!背中の刺繍なので不都合はありませんが!あまり何度も塗ると溶剤に生地がやられそうです。丁度いい新品の革靴に生まれ変わりました。特に革やファブリックなどの吸い込みの良い素材に塗装すると!染めQはどんどん吸収されてしまい!望みの色を着けるためには!かなり大量に必要になりますからね。ドロッとした塗料をイメージしていたので意外でした。何度か経験を積むと綺麗に仕上がると思うのですけど。キャメルカラーをムラな感じのブラウンにしたかったのですが、ベースのベージュを消そうと頑張って縫ったら割りと均一な仕上がりになりましたよ。自作なので妥協しました。梱包もいいです。きれいに塗れました。元は黒と明るいベージュのツートンカラーですが!ベージュ部分を内装に合わせたくて選択しましたが色味がかなり合わない…(泣)エアブラシ専用と有りますが筆塗りでチャレンジ。染めQエアゾールを噴霧して色を変えた後に薄い部分があったので、後塗りで使用しました。実際使用しての感想はまたここで報告したいと思います。とにかくイヤなケミカル臭ですけど何日か陰干しすれば何とかなるでしょうか。今回は綿棒を使い!染み込ませる様にやってみました。また、機会があればお願いします。あとは耐久性がどうか!です。使用目的である刺繍を染めるには、調度良いかもしれません。エアブラシを使う合間合間にマメにブラシをシェイクしないと!思わぬ色が噴出され!作品を台無しにしかねません。今の所!耐久性にも問題ありません。ただ、缶の容器は、注ぎにくいです。重ね塗りを何度も繰り返せば色は出ると思いますが時間がなかったので近所のホームセンターでスプレータイプを買いました。革の風合いもあまり損ねないし!握った感じもいいかも〜。色より溶剤が染み込んでいく様で!シンナー?臭が凄い。真っ黒にするには更に重ねなくてはなりません。 なお、数色の染めQを混ぜて使ったことのない人のために一言。ハケ塗りするなとの注意書のある商品にハケのオマケは面白いと思いましたし、問題は生じませんでした。そこでこの100mlあたりが、「好みの色に調合した染めQを色々な素材に試してみたい」というユーザーにとっては、合理的な選択肢となるように思います。しかし他方、「原液タイプ」も1L入りともなると1色8千円ほどもしますから、基本色を揃えるだけで数万円。ゴムの色を変えたかったのでスポンジを使って重ね塗りしてみたところ、薄く色付き爪でガリガリ引っ掻いても全然取れませんでした。このショップさんは安いのですが商品説明に乏しいので間違うと逆に高くつきますー。なので汚し加工しながら三度塗りしました。筆でも普通に塗れますが!やはりスプレー器具を使った方がいいように思います。表面ザラザラ&ラメ加工された朱色のクロックスを!マルーンでダークレッドにしました。